【秋華賞】ファンタジー8着 道悪で2角から進めず…

[ 2019年10月14日 05:30 ]

<秋華賞>1番人気で敗れたダノンファンタジー(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 敗因は距離か、道悪か。1番人気ダノンファンタジーは勝ち馬から1秒1差つけられ8着に沈んだ。ハイペースの先行2頭を前に置いた3番手で流れには乗ったが直線では全く伸びず。2歳女王は3冠路線で無冠に終わった。

 川田は敗因をやや重の馬場に求めた。「2角から進むことができませんでした。乾いてきたとはいえ跳びが奇麗なディープインパクト産駒ですから…」。直線ではもがくようなフットワーク。この馬らしいピッチの利いた走りは影を潜めた。中内田師も「馬場ですね。ディープインパクト産駒だし(ローズSを)レコードで走る馬だから力を出せませんでした。運がなかった」と力なくコメントした。次走は未定。舞台さえ整えば再び輝くはずだ。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月14日のニュース