【府中牝馬S】1番人気プリモシーンは最下位 福永「不可解な走り」

[ 2019年10月14日 16:44 ]

 14日に東京競馬場で行われたG2「第67回府中牝馬S」は4番人気スカーレットカラー(牝4=高橋亮)が外から末脚を伸ばしてV。重賞初制覇を決めた。1番人気プリモシーンは最下位15着に終わった。

 プリモシーンに騎乗した福永は「全く脚を使えなかった。これまでのこの馬から考えると不可解な走り」と何度も首をひねった。「最後も反応がなかったし、レース直後ではまだ何とも言えない」と厳しい表情だった。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月14日のニュース