【秋華賞】ビーチサンバ 果敢に逃走も5着「あと200メートルで止まった」

[ 2019年10月14日 05:30 ]

 直線半ばまでレースを盛り上げたのは6番人気ビーチサンバだった。外のコントラチェックを制してハナを奪うと前半1000メートル58秒3で果敢に逃走。さすがに最後は脚が上がったが0秒6差の5着に粘り込んだ。福永は「やりたい競馬はできたがコントラとの兼ね合いでペースが上がった。あと1秒、落としたかったのが本音」と悔しそうな表情。最適な距離を聞かれ「よく踏ん張っているけど、あと200メートルで止まったし1800メートルかな」と冷静にジャッジした。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月14日のニュース