【東京新馬戦】フェルミスフィアが接戦制す 川田「いい内容」

[ 2019年10月14日 12:20 ]

 14日の東京4R・新馬戦(芝1600メートル牝馬限定)は2番人気フェルミスフィア(牝=木村、父エピファネイア)が初陣V。先行策から抜け出し、2着ピーエムピンコの猛追を首差しのいだ。

 鞍上の川田は「上手にレースの流れに乗って、直線でも自分の脚をしっかり使ってくれた」とレースを回顧。「着差はわずかだったが、いい内容で勝てた」とパートナーを称えた。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月14日のニュース