【秋華賞一夜明け】クロノジェネシス厩舎で静養 和田助手「いつもと変わらず元気」

[ 2019年10月14日 15:55 ]

馬房で元気な姿を見せるクロノジェネシスと和田助手
Photo By スポニチ

 13日、京都競馬で開催された「G1第24回秋華賞」を制したクロノジェネシス(牝3=斉藤崇)は、レースから一夜明けた14日、栗東トレセンの自厩舎で静養した。

 担当の和田助手は「いつもと変わらず元気です。能力のある馬だと思っていたので、勝ててホッとしています」と笑顔を見せた。5番手から直線抜け出してV。「折り合いも良く、手応えも十分。先生も“完ぺき”と言っていたし、内容も良かったと思います」。この後はエリザベス女王杯(11月10日、京都)へ向かう。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2019年10月14日のニュース