【鳥谷越・本社予想の稼ぎどころ】14日東京12R 素質上位の3歳馬フジノタカネが鉄砲Vを決める

[ 2019年10月14日 08:00 ]

 東京開催が中止となり、日曜の秋華賞は会社で内勤しながらテレビ観戦。◎指名したカレンブーケドールは残念ながら2着止まりだった。ペースが速かっただけに中団の位置取りは絶好に見えたが、結果的には1列前にいたクロノジェネシスが優勝。直線で挟まれて窮屈になるシーンがあったとはいえ、2馬身差は完敗で勝ち馬の強さを褒めるべきだろう。予想的にはオークスで◎を打ったにもかかわらず、ぶっつけ参戦を嫌って優勝馬を△にとどめた判断に悔いが残った。

 通常の2場開催に戻る本日、当欄では主役不在の混戦ムードが漂う東京12Rを取り上げる。狙いは◎フジノタカネ。骨折明けで7カ月の長期ブランク明けになるが、故障が癒えた後は時間をかけて入念に乗り込まれており、馬体も息もしっかりできている印象。というか、2桁着順が2戦続いた休養前よりも断然気配はいい。今回と同じ東京ダート1400メートルで初勝利を飾った4走前と、昇級戦で最速上がりをマークして4着まで差し込んだ3走前の寒椿賞(中京ダート1400メートル)の2戦は、出走馬のレベルがかなり高かった。今の1勝クラスでは能力上位で、今回の顔触れなら突き抜けるシーンが期待できる。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月14日のニュース