【南部杯】サンライズノヴァ、吉原と初コンビで交流G1初V

[ 2019年10月14日 18:03 ]

 交流G1「第32回マイルチャンピオンシップ南部杯」(ダート1600メートル)が14日、盛岡競馬場で行われ、4番人気のサンライズノヴァ(牡5=音無、父ゴールドアリュール)が優勝。金沢所属の吉原寛人とは今回が初コンビ。末一気のタイプが、この日は積極的な運び。4角で2番手の外まで押し上げ、直線で抜け出した。重賞はユニコーンS、武蔵野Sに続く3勝目。交流G1は初勝利となった。

 1番人気のゴールドドリームは3着。前日は道悪での開催だったが、この日は1Rから良馬場でレースが行われた。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月14日のニュース