【京都新馬戦】キムケンドリーム快勝!西村師「まだまだ上を目指せる」

[ 2019年10月14日 05:30 ]

<京都5R>新馬戦を快勝するキムケンドリーム(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 京都5R新馬戦(芝2000メートル)は5番人気キムケンドリーム(牝=西村、父オルフェーヴル)が中団から馬群をさばいて抜け出し、2着に2馬身差つけて快勝。ルメールは「距離がピッタリで能力も高い。楽勝」と満面の笑み。西村厩舎は今年の2歳世代で9頭目の勝ち上がり。指揮官は「跳びが大きくて柔らかい走りをする。まだまだ上を目指せる」と期待を寄せた。引き続きルメールとのコンビで黄菊賞(11月10日、京都)へ向かう。 レース結果

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月14日のニュース