【前橋・寛仁親王牌】今年G1・2勝の中川 豪快まくりで手応え

[ 2019年10月14日 05:30 ]

自慢の快速で一発を狙う中川誠一郎
Photo By スポニチ

 今年G1・2勝(全日本選抜、高松宮記念杯)の中川が「一番最悪な番組と展開」と振り返った二予7Rを2角7番手から豪快まくり。前受けの新山に突っ張られる苦しい流れだったが、前橋のバンクレコード(8秒8)保持者は力でねじ伏せた。台風19号の影響で中止、順延となった12日の水入りがプラスに働き「疲れが残っていたから1日休めて気持ち的に良かった」とホッとした表情。「3コーナーをうまく回れていないので、そこの気持ちだけ入れば」と手応えを明かした。準決勝12Rも混戦に乗じて豪快弾を放つか。

続きを表示

「2019 有馬記念」特集記事

「暮れの中山の名物レース 中山大障害」特集記事

2019年10月14日のニュース