【KEIRINグランプリ】9選手、GP直前コメント

[ 2014年12月28日 05:30 ]

ポーズをとるグランプリ出場の(右から1号車順に)村上義弘、武田豊樹、深谷知広、浅井康太、村上博幸、岩津裕介、平原康多、神山雄一郎、稲川翔

 (1)村上義弘=前夜祭の後、今回の3人と市田(佳寿浩)で急きょ三重県にて合宿。ずっとここに向けて練習してきたし、調子も自分が一番いいと思うので、近畿の先頭で戦う。

 (2)武田豊樹=関東の実力ある3人で走れてうれしい。広島記念からも特別な調整はせず、いつも通りにやってきた。平原君の番手で。優勝を目指して一生懸命頑張る。

 (3)深谷知広=練習できるようになったのはここ1カ月で、直前になって一気に良くなった感じ。練習だけなら8、9割まで戻っている。悔いが残らないように力を出し切る。

 (4)浅井康太=一年を通して自分のレースができた結果だと思う。深谷君とも合宿したし、直前で体の感じも一気に良くなった。深谷君の番手で。夢を現実にしたい。

 (5)村上博幸=4年ぶりなので日に日にピリピリしてくるのが自分でも分かる。9、10月は腰痛に苦しんだが12月に入ってからは不安なし。兄(義弘)の後ろで頑張る。

 (6)岩津裕介=一回りレベルアップできた1年だった。スピードがついたことが結果につながったと思う。1人で走る。他の並びを見ながら、あとは体が反応してくれれば。

 (7)平原康多=今、ここにいることが不思議な感じ。一生懸命にやってきた成果が競輪祭で出て、良かった。関東ラインの先頭で、タイミングを逃さずしっかり仕掛けたい。

 (8)神山雄一郎=5年ぶりにグランプリ出場を果たせ、いい1年だったと思う。ケガをきっかけにトレーニングをして、その成果が出た感じ。武田君の番手で。

 (9)稲川 翔=ここに向けて全力でやってきた1年だった。やれることはやってきたし、チャンスをモノにできる力は以前よりも付いたと思う。近畿3番手で勝負する。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2014年12月28日のニュース