【有馬記念】最年少で優勝した騎手は誰?

[ 2014年12月28日 05:30 ]

 もうご想像の通り!?で武豊騎手。90年オグリキャップが感動のラストランを飾った名シーン。21歳9カ月9日での鮮やかな手綱さばきだった。一方、最年長優勝は86年ダイナガリバーの増沢末夫(49歳2カ月2日)。今年はデビュー3年目の菱田(当日は22歳3カ月3日)がラストインパクトとのコンビで有馬初参戦。勝てば、武豊、山田泰誠(21歳11カ月28日=92年メジロパーマー)に続き、3番目の年少優勝記録になる。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2014年12月28日のニュース