【有馬記念】騎手、こう乗る

[ 2014年12月28日 05:30 ]

 (1)トーセンラー 武豊 1枠1番に合った乗り方をしたい。これだけ距離の融通が利く馬も珍しい。

 (2)ヴィルシーナ 内田 希望通りの枠。逃げというよりは、道中は自分のリズムを大事に走りたい。

 (3)ワンアンドオンリー 横山典 前走がこの秋の中で一番感触が良かった。状態良く中山も気にしていない。

 (4)ジェンティルドンナ 戸崎 絶好枠を引けたので他馬を意識せずドンと構えたい。最高の走りを見せたい。

 (5)ラキシス Cデムーロ いい枠を引けた。いいスタートを切って先行集団の後ろについていきたい。

 (6)トゥザワールド ビュイック 距離の不安はあるが、小回りでコーナーがたくさんあるので問題ではない。

 (7)ラストインパクト 菱田 初めての中山コースだけど、特別何も考えないで、いつも通りに乗りたい。

 (8)メイショウマンボ 武幸 ほぼ希望通りの枠。道中スムーズに運びたい。最後だし馬を信じて頑張る。

 (9)ウインバリアシオン 藤岡康 追い切りの動きは前走より良かった。変わってくれると期待して乗りたい。

(10)フェノーメノ 田辺 ポジションは意識していないが、後手に回らないよう注意して流れに乗る。

(11)サトノノブレス 池添 具合は良さそう。切れるというより長くいい脚を使う。思い切った競馬を。

(12)デニムアンドルビー 浜中 この枠でも問題ない。近くに有力馬がいるのでそれらを見ながら運びたい。

(13)エピファネイア 川田 行きっぷりがいい馬。馬と話しながら何とか直線まで我慢してもらいたい。

(14)ゴールドシップ 岩田 どこからでも競馬はできる。ゲートだけ集中してスタートを切れればいい。

(15)ジャスタウェイ 福永 距離、コースはプラスになるとは言えないが状態の良さでカバーできれば。

(16)オーシャンブルー 蛯名 大外枠だが横に並んだ有力馬についていければ。プラス思考で騎乗したい。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2014年12月28日のニュース