【中山4R新馬戦】コスモヨハネ逃げ切り勝ち

[ 2014年12月28日 11:50 ]

<中山4R新馬戦>コスモヨハネ(左)がキングカラカウアの追走を振り切り勝利する

 メイクデビュー中山は28日、中山競馬場4R(芝1600メートル・晴良)で行われ、柴田大騎手騎乗の5番人気、コスモヨハネ(牡2=高橋裕厩舎、父ヨハネスブルグ、母エンプレスロッチ)が、逃げ切って勝った。勝ち時計は1分37秒6。

 大外の8枠16番からコスモヨハネが、スタートダッシュよく先頭を奪った。これを1番人気のキングカラカウアが追走、続いてダヴィンチコード、ラファーガ、エイシンガラチなどが続く。馬順に変化なく3、4コーナーを通過した。

 直線に向くとスピード衰えずコスモヨハネは、差を広げてゴールへ一直線。しかし後続も脚を伸ばし、キングカラカウアが激しく詰め寄る。必死に逃げを図るコスモヨハネとマッチレースの展開になったが、ギリギリでコスモヨハネが粘って逃げ切った。

 アタマ差の2着にキングカラカウア、そこから4馬身差の3着はダノンウルフだった。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2014年12月28日のニュース