【阪神C】リアルインパクト、接戦制し連覇達成

[ 2014年12月28日 05:30 ]

<阪神C>コパノリチャード(奥)との叩き合いを制し阪神Cを連覇したリアルインパクト(8)

 1着賞金6500万円の“スーパーG2”「第9回阪神C」は27日、前々で運んだリアルインパクト(牡6=堀)がコパノリチャードとの接戦を制し連覇を達成した。ハイペースが予想されたが、フタを開けてみれば前半4F45秒5とやや速い程度。逃げるミッキーアイルを射程に入れ、4角手前からジワリ進出すると、最後はコパノリチャードとの叩き合いを鼻差制した。

 ビュイックは「昨年に比べてメンバーは強かったけど、辛抱強く走ってくれた。ムーアにこの馬の癖や扱い方を聞いていたから、思い切って乗れたよ」と喜びを口にした。ビュイックはこの日の騎乗停止で制裁点が30点を超えたため、来年は短期免許を取得できないが、自身4つ目のJRA重賞制覇で憂さを晴らした。

 ◆リアルインパクト 父ディープインパクト 母トキオリアリティー(母の父メドウレイク)牡6歳 美浦・堀厩舎所属 馬主・キャロットファーム 生産者・北海道安平町ノーザンファーム 戦績25戦4勝 総獲得賞金3億9609万4000円。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2014年12月28日のニュース