展開を読む【有馬記念=スローペース】

[ 2014年12月28日 05:30 ]

 ヴィルシーナがハナへ。好枠ジェンティルドンナも迷わず好位を取りに行く。ゴールドシップはスタート次第で位置取りは流動的。枠順選択で内枠にこだわった陣営は、当然インを締める。外枠のジャスタウェイ、エピファネイアは、どこで壁をつくるかが序盤のポイント。2週目3角からシップがロングスパート。ジェンティル、エピファ、ジャスタなど有力各馬も、ひと呼吸置いて一斉に仕掛ける。直線は先に抜け出すジェンティル目がけての追い比べ。G1馬同士の叩き合いは見応え十分だ。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2014年12月28日のニュース