王将戦第6局2日目 渡辺王将“勝負メシ”は佐賀牛の陶板焼き膳 広瀬八段はローストビーフ丼定食

[ 2020年3月14日 12:29 ]

<王将戦第6局・2日目>渡辺王将の昼食。佐賀牛の陶板焼膳(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 将棋の第69期大阪王将杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)第6局(佐賀県上峰町・大幸園)2日目の14日12時30分、両対局者は昼食休憩に入った。

 渡辺明王将は「佐賀牛の陶板焼き膳」(佐賀牛のヒレとロース、茶わん蒸し、煮物、小鉢、ご飯、みそ汁付き)、広瀬章人八段は「ローストビーフ丼定食」(茶わん蒸し、煮物、小鉢、みそ汁付き)だった。

 対局再開は午後1時30分。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年3月14日のニュース