王将戦第6局2日目開始 広瀬八段の封じ手は6六同銀

[ 2020年3月14日 09:15 ]

王将戦第6局2日目がスタート。渡辺明王将(右)と広瀬章人八段(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 渡辺明王将(35)2勝、広瀬章人八段(33)3勝で迎えた第6局は14日午前9時、佐賀県上峰町の「大幸園」で2日目が指し継がれ、開封された広瀬の封じ手は[先]6六同銀だった。これに渡辺が即座に[後]同歩と応じ、対局が再開された。

 戦型はシリーズ3度目の角換わり。封じ手の局面は渡辺王が露出し、広瀬王を守護する要の金が桂の直射にさらさらされている。すでに終盤戦とも呼べそうな局面での67手目を、前夜ズバリ予想していた副立会人の糸谷哲郎八段(31)は「自分の王に迫るピンチを防ぎ、取った桂を攻めに回す」と狙いを語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年3月14日のニュース