ブルゾンちえみ 欧州留学へ 事務所円満退社し本名で新たな夢追う

[ 2020年3月14日 05:35 ]

ブルゾンちえみ
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのブルゾンちえみ(29)が今月いっぱいで所属事務所「ワタナベエンターテインメント」を退社し、本名の藤原史織として新しいフィールドに挑戦することが13日、分かった。関係者によると、近く海外留学し、外国語を学ぶほか、各国に渡って見聞を広める意向だ。

 決めゼリフ「35億」のキャリアウーマンネタで一躍ブレークしたブルゾンが海外で新たな夢を追うことになった。ネタやメークに表れているように、外国に憧れがあり、ネパール人男性との交際歴や米俳優レオナルド・ディカプリオ(45)への愛などをテレビ番組などで話していた。知人は「憧れの海外に単身で留学して、社会貢献を含め、新たなフィールドに挑むそうです。具体的に何をするのか決めるのはしばらく先になりそうです」と明かした。

 きっかけは、2018年夏の豪雨で実家が被害を受けた岡山でボランティア活動に参加したこと。元々、環境問題などにも関心が高かったため、自身の視野を広げようと決意した。

 事務所を円満退社し、早ければ来月から欧州各国に留学する予定。事務所はブルゾンの意向を尊重し、快く送り出すという。レギュラー番組の「ヒルナンデス!」や「行列のできる法律相談所」(ともに日本テレビ)は今月で卒業する。

 ブルゾンは17年1月、同局「ぐるナイ!おもしろ荘」に出演し、芸歴2年にして一気に注目を集めた。10日に解散を発表した男性コンビ「ブリリアン」とともに「ブルゾンちえみ with B」としてブレーク。同8月に同局「24時間テレビ」でマラソンランナーを務め、「35億」は同年の新語・流行語大賞トップ10に選ばれた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年3月14日のニュース