フジ佐野瑞樹アナ「高輪ゲートウェイ」切符行列に「少し離れて立って」も 番組側「1時間21分並んで」

[ 2020年3月14日 15:31 ]

フジテレビの佐野瑞樹アナウンサー
Photo By スポニチ

 フジテレビの佐野瑞樹アナウンサー(46)が「めざましどようび」(土曜前6・00)に出演。切符購入の行列に“注意”する場面があった。

 番組では、JR山手線の49年ぶりの新駅「高輪ゲートウェイ」開業について特集。リポーターを務める同局の新美有加アナウンサー(27)が今朝午前4時15分に開業した新駅からマスク着用で生中継を行った。

 新美アナが「何より驚いたのは奥の行列です」と行列を指し示すと、佐野アナは「少し離れて立ってほしいですけど…」と新型コロナウイルス対策が叫ばれる中での行列に懸念を示した。

 そんな中、「実はこちら、『高輪ゲートウェイ』と書かれた切符を皆さん欲しくて並んでいるんです」とその行列の正体を明かした新美アナ。「我々も1時間21分並んで買いました。相当時間かかりましたよ。人気なんです」と番組も並んで切符を購入したことを明かし、笑顔を見せていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年3月14日のニュース