加藤シゲアキ 舞台脚本に初挑戦「原作者だからこそ大胆変更可能では」

[ 2020年3月14日 04:00 ]

舞台「染、色」で初めて舞台脚本を手がけるNEWSの加藤シゲアキ
Photo By 提供写真

 NEWSの加藤シゲアキ(32)が、6月4日に東京グローブ座で開幕する舞台「染、色」で舞台脚本に初挑戦する。自身が2015年に出版した短編小説集に収録された物語の舞台化で、美大生の日常と葛藤を描く。

 初の舞台脚本に「自分にしかできないのではないか。原作者だからこそ大胆に変更することが可能なのではないか」と気合十分。NEWSの全国ツアーの準備と並行して執筆を進めており「舞台でしか表出させることのできない僕の世界をぜひ楽しんでください」とPRした。

 主人公の美大生役で関西ジャニーズJr.「Aぇ!group」の正門良規(23、写真)が単独初主演する。「主演舞台を加藤シゲアキくんの作品で務められるということがとても光栄です」と喜んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年3月14日のニュース