ボブ・ディラン 4年ぶりの来日中止 ノーベル文学賞受賞後初の15公演予定だったが…

[ 2020年3月14日 05:30 ]

 米シンガー・ソングライター、ボブ・ディラン(78)の来日公演が感染拡大の影響で中止となった。招へい元のウドー音楽事務所が13日、発表した。チケットは払い戻す。

 4月1~24日に東京と大阪のライブハウスや東京・渋谷のNHKホールで計15公演を予定していた。来日ツアーは16年4月に行って以来4年ぶりで、同10月にノーベル文学賞を受賞後初めてとあって注目を集めていた。

 同社は「新たなスケジュールでの来日公演実現に向けてアーティスト側と調整中ですが、現時点では日程の調整に時間がかかると予想されるため、チケットは全て払い戻しとさせていただきます」と説明している。

 政府によるコンサート、イベントの自粛要請を受け、来日公演も次々と中止、延期となっている。カナダ出身の歌手アヴリル・ラヴィーン(35)は5月に予定していた全5公演を延期。米ロックバンド「グリーン・デイ」も今月25~28日に予定していた全3公演を延期した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年3月14日のニュース