過去に名人戦などでも…王将戦第6局で使用 逸品の盤と駒

[ 2020年3月14日 05:30 ]

第69期大阪王将杯王将戦 7番勝負第6局第1日 ( 2020年3月13日    佐賀県上峰町・大幸園 )

王将戦第6局の対局が行われて居る大幸園(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 今対局に使用している「盤」と「駒」は福岡市の愛棋家・江藤寿展(ひさのぶ)さん(64)所有の逸品。盤の素材は宮崎県日向産の榧(かや)、駒は御蔵島産の杉で、10年以上前に購入して以降、福岡、佐賀で開催された王将戦、名人戦などで使用されている。自身の棋力は「弱い」そうだが「ここ数年、地元の子供の将棋ファンが増えている」とうれしそうに話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年3月14日のニュース