【1・20ミス日本決定 ファイナリスト(3)】宮下薫さん K―POP好きで韓国語勉強

[ 2020年1月15日 07:00 ]

着物姿を披露する宮下薫さん(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 「第52回ミス日本コンテスト2020」は20日、東京都新宿区の京王プラザホテルで開催される。全国から応募のあった2525人から選ばれたファイナリスト13人が最終審査に臨む。外見のみならず、知性、振る舞いなど内面も含めた総合美が求められるコンテストで頂点に立つのは?

 ◆宮下薫さん(みやした・ゆき)
 東京都出身の19歳。日本女子大家政学部児童学科在学中。1メートル69。名前の由来は降雪の日に誕生し、母親が産婦人科を退院した日に梅の香りがしたことから。左利きだが「右でも奇麗な字を書きたくて」と、高校時代は書道部に所属。K―POP好きが高じて韓国語を学び、現在は日常会話が可能。「自分の元気やユーモアを誰に対しても発揮したいです」

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月15日のニュース