「成駒屋」のプリンス・中村橋之助が結婚へ お相手は同世代の元京都No.1芸妓

[ 2020年1月1日 07:00 ]

中村橋之助
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の中村橋之助(24)が結婚を視野に入れた真剣交際をしていることが31日、分かった。お相手は、京都・祇園でNo・1芸妓(げいこ)として活躍していた女性。関係各所への調整を済ませた後、結婚するとみられる。

 橋之助は、父に中村芝翫(54)、母に三田寛子(53)を持つ芸能一家の長男。中村福之助(22)、中村歌之助(18)と弟2人も歌舞伎俳優。2016年には父子4人で同時襲名を行い話題をさらった。歌舞伎関係者は「橋之助さんは名門“成駒屋”のプリンスとして、次代の歌舞伎界を担うことが期待される若手の一人。そのお相手も注目の的です」と話す。

 関係者によると、お相手の女性ははつらつとした笑顔が魅力の美人。芸妓としては京都で有名だったが、現在は活動をしていない。橋之助とは同世代で、ここ数年の間に知り合ったとみられる。親族には歌舞伎俳優もおり、仕事への理解も十分だ。

 この日、三田は本紙の取材に「ガールフレンドはこれまでもいたと思いますが、(橋之助から)結婚の話は聞いていません」と笑顔。「本人は“結婚は女房、子供を養えるようになってから”と言っています。俳優としてはこれからです」と話し温かく見守っているようだった。

 橋之助は2018年12月にKAAT神奈川芸術劇場で舞台「オイディプスREXXX」に出演し、初のストレートプレーに挑戦。昨年9月にはTBS「ノーサイド・ゲーム」で襲名後初となるドラマ出演を果たすなど、最近は歌舞伎にとどまらない活躍ぶり。演劇関係者は「俳優としての成長ぶりは著しい」と話しており、結婚への“下地”は整いつつある様子。あす2日からは“若手の登竜門”と呼ばれる「新春浅草歌舞伎」(東京・浅草公会堂、26日まで)に出演。令和2年は公私で充実の年になりそうだ。

 ◆中村 橋之助(なかむら・はしのすけ、本名中村国生=なかむら・くにお)1995年(平7)12月26日生まれ、東京都出身の24歳。2000年9月に初代中村国生として東京・歌舞伎座で初舞台。15年には東京・国立劇場の「梅雨小袖昔八丈」で下剃勝奴役などを演じた。16年10月に四代目中村橋之助を襲名。趣味はゴルフ。1メートル74。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月1日のニュース