元日えみちゃんねるSPで巷のゴシップ大検証、大女優のウワサの真相は… ももクロも初登場

[ 2020年1月1日 05:00 ]

関西テレビ「快傑えみちゃんねる」の正月特番に出演の(前列左から)戸田恵子、百田夏菜子、玉井詩織、(後列左から)ゆきぽよ、佐々木彩夏、高城れに、アンタッチャブル・柴田英嗣
Photo By 提供写真

 関西テレビの正月特番「快傑えみちゃんねる 令和になっても人生これから!待ったなしのぶっちゃけ大激論SP」(1月1日後0・00)に、ももいろクローバーZが初登場。MCの上沼恵美子(64)、大平サブロー(63)らと爆笑トークを繰り広げる。

 番組のオープニングは、ももクロのパフォーマンス。「うれしい。私、実は大ファン。若い人だけじゃなくご年配まですごくファン層が広いでしょう」と素直に喜ぶ上沼。「なにせ、うまいのよ」と観客やゲストに力説。

 ももクロのメンバーから「ハードル上げないでください」「歌が終わってから言ってください」と慌てる声も。激しいダンスに完璧な歌唱で、堂々としたパフォーマンスを披露し、大いにスタジオを沸かせた。

 新年最初のテーマは「これほんま?芸能人・巷のゴシップ大検証」。週刊誌やネットの書き込みなどで目にするウワサの真相を本人に直撃する企画。十朱幸代(77)と某男性歌手の恋愛ゴシップを十朱は「初めて語りますが…」と大恋愛の果てに悲しい結末に至った切なすぎる事情を赤裸々に告白。「いつまでも心に残っている」と静かに語る十朱に上沼は深く共感し、本当に人を好きになる気持ちについて自身の思いを語る。

 大女優が明かす悲恋を真剣に聞き入っていたももクロに、上沼が「で、ももクロは意中の人いるの?」と不意打ちの質問で4人は大慌て。「これが我が家の大問題」「私が未だに根に持っていること」のテーマでは、ももクロ・高城れに(26)、玉井詩織(25)や、ゆきぽよ(23)がエピソードを披露する。

 「激論!食のトレード大会議」のテーマは「すきやき編」。いらない具材、ほしい具材に独特の意見が頻出する。最後は上沼が「すき焼きのしめ」のバリエーションを紹介。トマトやチーズなど意外な素材を投入し驚かせるが、試食したゲストたちも「これは意外」「すごく合う。おいしすぎる」と驚く。

 他の出演者はキングコング・梶原雄太(39)、関根勤(66)、戸田恵子(62)、ナジャ・グランディーバ(45)、「A.B.C―Z」河合郁人(32)、「ももいろクローバーZ」百田夏菜子(25)、佐々木彩夏(23)、飯尾和樹(51)、兵動大樹(49)、「アンタッチャブル」柴田英嗣(44)、「祇園」木崎太郎(33)、桜井健一朗(35)ら。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月1日のニュース