赤木春恵さん長女つづる 介護のエピソードと名言

[ 2019年12月28日 05:30 ]

赤木春恵さんの介護について、娘の野杁泉さんがつづった著書「大丈夫、なるようになるから。」(世界文化社)
Photo By 提供写真

 昨年11月に亡くなった女優・赤木春恵さん(享年94)の介護エピソードと名言を、長女の野杁(のいり)泉さん(62)がつづった著書「大丈夫、なるようになるから。」(世界文化社)が発売され、話題となっている。

 野杁さんは「私が知った介護のさまざまな情報を発信することで、他の方のお役に立てるかもしれない」と赤木さんの一周忌の節目に出版。赤木さんは自らの意思で介護施設に入ることを決めた。「楽屋で皆さんに渡す“まきもの”のように、介護スタッフさんに飲み物などをお渡ししては喜んでもらうのが好きでした」と人とのつながりを楽しんだ晩年の赤木さんの姿を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月28日のニュース