三四郎・小宮 ぺこぱの快進撃に感慨「あそこから売れたの1組もいなかったから…」

[ 2019年12月28日 11:58 ]

お笑いコンビ「三四郎」の小宮浩信(左)と相田周二
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「三四郎」の相田周二(36)と小宮浩信(36)が20日、ニッポン放送「三四郎のオールナイトニッポン」(金曜深夜1・00)に出演。22日に行われた漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2019」で初の決勝進出を果たし最終順位3位と健闘したお笑いコンビ「ぺこぱ」について語った。

 「M-1グランプリ2019」の話題になると、相田は「すごかったな。圧巻」と優勝した「ミルクボーイ」を絶賛。続けて「ミルクボーイさんもすごかったけど、ぺこぱもね、すごかったよね」とコメント。小宮は「ぺこぱの太勇の方は、ずっと一緒にやってたもんね」と、ツッコミ担当の松陰寺太勇(36)について述べた。

 三四郎の2人と松陰寺は、小さな劇場で共にライブをやっていたという。その中に「疾風迅雷」というとても小さい劇場があり、小宮は「疾風迅雷に出てたぺこぱが、あんな3位になると思わなかったよ」と話した。さらに「そこから売れたの、1組もいなかったからね。ぺこぱは感慨深かったよね」と、懐かしそうに語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月28日のニュース