DA PUMP、紅白はONE TEAMメドレー ISSA、本番はアドリブある!?「僕もわからない」

[ 2019年12月28日 17:00 ]

<「第70回NHK紅白歌合戦」リハーサル 1日目>取材に応じたDA PUMPの(左から)TOMO、DAICHI、YORI、ISSA、KENZO、KIMI、U-YEAH
Photo By スポニチ

 大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」(後7・15)のリハーサルが28日に行われ、2年連続の7回目出場のDA PUMPが登場し、「DA PUMP~ONE TEAMメドレー~」で盛り上げた。

  ISSA(41)は「やっと年末感が出てきた」としみじみ。忙しかった1年を振り返り、「16年ぶりの全国ツアーもさせてもらって、ようやくYORIも復活して、来年につなげられるかなと」と話した。

 今年の漢字を聞かれ、KENZO(34)は「笑」を挙げた。「『U.S.A.』で皆さんからいろいろな思いや感謝をすごいいただいた。自然にメンバーが笑顔になった」とその理由を明かすと、ISSAも「楽しませていただいた。回を増すごとに笑顔が増えた」。

 紅白でのステージは「ラグピーっぽい」とISSA。「僕らが一番楽しんでいると思う」と笑い、「演者側でワンチームで行きます。見どころたくさんあると思う。ぜひ一緒に盛り上がってほしい」と期待をあおった。

 今年9月に「胸椎類骨骨腫」の手術を受け、11月27日のステージで復活したYORI(39)は「(体調は)万全です」と気合を入れ、「メンバーがつないでくれた半年間だったので、その絆を見せていきたい」と前を向いた。

 純烈のステージでのコラボも見どころ。振り付けを担当したTOMO(38)は「純烈のイメージに近くて、みんながまねできるようなダンスを。“ハッピーチョキチョキダンス”です」と笑顔を見せた。

 本番でのアドリブ演出について「本番は何が住んでいるかわからないので、僕もわからないです」と含みをもたせつつ、「全力で楽しみたい」とした。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年12月28日のニュース