仲間由紀恵 朝5時起きで双子の育児 夫と分担「安心して任せられる」

[ 2019年9月11日 09:32 ]

仲間由紀恵
Photo By スポニチ

 女優の仲間由紀恵(39)が8日、日本テレビ「おしゃれイズム!」(日曜後10・00)に出演。昨年6月に誕生した双子の育児について語った。

 マネジャーからの情報として「とにかく超せっかち」と意外な一面が紹介されると、仲間は「子供ができてからそれ(せっかち)が強くなりましたし、東京に出てきて仕事するようになってからはすごくせっかちですね」と環境の変化が影響していると明かした。

 仕事と子育てを両立している現在の生活については「朝5時に起きて、自分の身支度を1時間弱で済ませて、子供を着替えさせたり、ご飯を食べさせたりして、準備して出掛ける。朝は忙しい」と仲間。この生活リズムに、お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の上田晋也(49)は「(子どもは)1人でも準備を整えさせるのが大変なのに…」と驚いたが、仲間は「初めての子が2人なので、こんなもんなのかなって思いながらやってます」とあっけらかん。「みんなこんな感じで1日終わってるんだろうなと思いながら」とさっぱりとした表情で明かした。

 子育てについて、夫で俳優の田中哲司(53)と“これが担当”とは決めていないそうだが、自分が仕事で夫が休みの時には「安心して任せられる。私が仕事で朝の世話から、食事離乳食、おむつ、離乳食…全部できます」とキッパリ。安心して仕事に集中できるそうで、夫婦で協力して子育てしていることをうかがわせた。

 また、仲間は憧れの先輩として、歌手の工藤静香(49)の名前をあげつつ「工藤さんにも会えるのかなって、ワクワクしながら入った」と芸能界入りのきっかけだったことも打ち明けた。さらに、地元・沖縄から上京する際、遠洋漁業の仕事をしていた父親には、無線を通じて報告したエピソードを披露。父親は上京を許したが「家に帰ったら一番下の娘がいなかったのがショックだったみたいで。『行かせてしまったって思った』ってのちのち聞きました」と振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年9月11日のニュース