土屋太鳳の姉、炎伽さん「2019ミス・ジャパン」グランプリ受賞!「挑戦を諦めなくて良かった」

[ 2019年9月11日 20:24 ]

<2019ミスジャパン>グランプリに輝いた土屋炎伽さん(中央)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 ミスコンテント「2019ミス・ジャパン」日本大会が11日、都内で行われ、女優の土屋太鳳(24)の姉で会社員の土屋炎伽(ほのか)さん(27)がグランプリに輝いた。

 水着審査や質疑応答などの厳しい審査をクリアし、見事グランプリに選ばれた「挑戦を諦めなくて良かった」と声を弾ませた。

 炎伽さんは明大卒業後、富士通のチアリーダー部で活躍し「美人すぎるチアガール」と話題に。昨年、太鳳がTBSドラマ「チアダン」に主演した時はチアの踊り方を直接指導したという。

 6月3日に行われた「2019ミス・ジャパン」東京大会最終選考会で東京代表に選出。その際には妹の太鳳、弟で俳優の土屋神葉(しんば、23)が会場に駆けつけ、姉を祝福していた。

 ◆土屋 炎伽(つちや・ほのか)1992年(平4)8月26日生まれ、東京都出身の26歳。3歳から日本舞踊を習い、明大時代にチアリーディングを始め、六大学野球などの応援をしていた。ポリシーは「挫折を知ること」。昨年、太鳳がTBSドラマ「チアダン」に主演した時はチアの踊り方を直接指導したという。1メートル55センチ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年9月11日のニュース