マラソンGCでNHKとTBSがコラボ 東京五輪の男女マラソン代表選考会

[ 2019年9月11日 05:35 ]

15日に行われる東京五輪男女マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の放送をPRした、TBS番組応援キャラクター・ブーブ(左)とNHKのキャラクター・どーもくん
Photo By 提供写真

 15日に開催される東京五輪の男女マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ」の中継で、NHKとTBSがさまざまな形でコラボレーションする。午前8時50分スタートの男子をTBS、同9時10分スタートの女子をNHKが放送。史上初となる一発勝負の選考会を異例の協力体制で盛り上げる。

 両局は前日の14日からコラボレーション。NHK解説の野口みずき氏(41)、TBS解説の高橋尚子氏(47)の“金メダルコンビ”が、午後1時50分からNHK「土曜スタジオパーク」、同4時からTBS「マラソングランドチャンピオンシップ 明日号砲SP」に出演。NHKキャラクターのななみちゃん、TBS番組応援キャラクターのブーブも加わってMGCをPRする。

 当日の15日は両局とも午前8時から中継番組を開始。発着地点の明治神宮外苑で両局の出演者が一緒に並ぶ。NHK「グッと!スポーツ」のキャスターを務める嵐・相葉雅紀(36)、TBSの安住紳一郎アナ(47)らが両局3人ずつの計6人で、この場面が両局で同時に放送される。スタート前の緊張感や盛り上がりを伝えていく。

 レース中も男子を中継するTBSのアナウンサーがNHKの中継で途中経過をリポートするなど、局の垣根を越えた協力体制で臨む。また、日本橋と雷門のクレーンカメラは両局で同じものを使うなど、技術面でも助け合って中継を行う。

 1年前から準備を進めてきたTBSの板倉孝一プロデューサーは「一生に一度のことかもしれない。漏れのないような中継をしなければならない」、NHKの松崎哲プロデューサーも「大一番にかける選手の思いとマラソンの醍醐味を熱く深く伝えます」と力を込めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年9月11日のニュース