宮迫博之 謝罪文“コピペ疑惑”を釈明「アナログ人間ですいません」

[ 2019年6月12日 12:01 ]

「雨上がり決死隊」の宮迫博之
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が12日、自身のツイッターを更新。お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也(42)が事務所を通さずに直接ギャラを受け取る“闇営業”として行った振り込め詐欺グループの忘年会に参加した件で、謝罪文をコピペしたとしてネットで批判が出ていたことを釈明した。

 宮迫は7日にツイッターを更新。画像の形で「この度は雑誌、ワイドショー等でお騒がせしております事を、私の事を応援して下さっている方々、並びに各所関係者の皆様にご迷惑ご心配をおかけしている事を深くお詫び申し上げます」などと謝罪文を掲載した。

 この画像について、一部ネットで「LINEの枠が見える」などとして「LINEをそのままコピペしたのでは?」という疑惑が噴出。一部メディアもこれらを報じる事態となっていた。

 7日の謝罪文掲載から初めての投稿となったこの日、宮迫は「ツイッターで長文を乗せる方法が分からず、勧められた方法で載せたら、コピペってやつに思われてしまった」と釈明し、「アナログ人間ですいません」と謝罪した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年6月12日のニュース