ユッキーナ フジモンの意外な素顔明かす「ヤキモチ焼かれたことないんですよ」

[ 2019年6月12日 18:02 ]

タレントの木下優樹菜
Photo By スポニチ

 木下優樹菜(31)が11日放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(火曜深夜0・25)に出演。夫であるお笑いコンビ「FUJIWARA」藤本敏史の意外な素顔を明かした。

 本編では木下のほか、元サッカー日本女子代表の丸山桂里奈(36)がゲストで登場。長谷川京子(40)がMCを務めた。

 木下はトーク中、一昨年の同窓会で19年ぶりに小学校時代に好きだった男子と再会したエピソードを披露。長谷川が「それフジモンさん、知ってるの?」と質問すると、木下は「知ってます!」と即答した。藤本は「行っておいで」と快く送り出したそうだが、それを聞いた長谷川が「ヤキモチは(しないの)?」といたずらっぽく尋ねると、「ヤキモチは焼いてるとこ見たことないんですよ」と意外な答えが返ってきた。

 木下と藤本は2010年8月に約1年半の交際を経て結婚。これまで2人の女児をもうけている。交際に至るまで藤本が何度もアタックした経緯もあり、夫婦の立ち位置的には“ユッキーナ上位”ということは火を見るより明らかだった。

 藤本は“ヤキモチ焼き”の見方が大方の予想だっただけに、丸山は「え~、意外!?」と目をまん丸に。ただ、長谷川は「(フジモンはヤキモチ)焼いてるんじゃないの?見せてないだけで。それを言うのはプライドが許さないんじゃない?だって(木下のことが)大好きなんだもん」と、年長者らしい意見を出してきた。

 木下はそれを聞いて「大人の余裕を見せてるんですかね?」と首をかしげる。長谷川は木下と藤本が17歳差であることを聞き、改めて「じゃ、そうだよ。気になって携帯とかで見たり」と確信の表情。木下自身は「マジ…全く(分からない)ですね」と、藤本にヤキモチを焼かれているとは夢にも思っていない様子だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年6月12日のニュース