谷原章介ハーレム舞台 主演・和久井映見ら年上女性を「独占」

[ 2019年6月12日 04:00 ]

「不機嫌な女神たち プラス1」で(左から)西田尚美、和久井映見、羽田美智子を相手にハーレム状態で演じる谷原章介
Photo By 提供写真

 俳優の谷原章介(46)が男1人の4人芝居に挑む。和久井映見(48)主演の舞台「不機嫌な女神たち プラス1」の上演が今秋、全国4都市で決定。和久井のほか、羽田美智子(50)西田尚美(49)の年上女優が谷原と向き合う。

 脚本はNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」「ひよっこ」などで知られる岡田恵和氏(60)の書き下ろし。田舎町でカフェを営む主人公が女友達2人と久しぶりに会った夜、昔話や恋愛話をする中で男(谷原)が現れることから始まる会話劇。大人のほろ苦い日常がコミカルに描かれる。

 豪華共演に岡田氏は「作家として、この上ない幸せをかみしめています。4人の美しくて可愛くて楽しいお芝居を堪能していただけると思います」と手応え。演出は人気舞台「おもろい女」(18年)などで知られる田村孝裕氏(43)が手掛ける。

 “白一点”となる谷原は「こんな素敵な女優さんたちとご一緒できる機会はなかなかなく、その輪に入れていただけることにドキドキします」と感激。「僕一人、ハーレムのようにこの女性たちを独占したいと思います」と舞台歴20年の腕前で、6年ぶり2度目の舞台挑戦となる和久井らを“エスコート”する。

 和久井は「ドキドキ、でもがむしゃらに。どうぞ、私たちのたくさんの瞬間瞬間を…ぜひご覧にいらしてください」と呼び掛けている。東京公演は10月19~27日に新宿・紀伊国屋ホールで行われる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年6月12日のニュース