木下優樹菜 フジモンと夫婦ゲンカの末…「離婚届持ってこられたの5回くらいあります」

[ 2019年6月12日 17:52 ]

タレントの木下優樹菜
Photo By スポニチ

 木下優樹菜(31)が11日放送の関西テレビ「グータンヌーボ2」(火曜深夜0・25)に出演。お笑いコンビ「FUJIWARA」藤本敏史(48)との夫婦生活について赤裸々に語った。

 本編では木下のほか、元サッカー日本女子代表の丸山桂里奈(36)がゲストで登場。長谷川京子(40)がMCを務めた。

 木下は藤本と2010年8月に約1年半の交際を経て結婚し、今や2児の母。芸能人同士のカップルを対象にした「理想の夫婦」アンケートで5連覇を達成するなど、世間的には誰もがうらやむ“おしどり夫婦”として認識されている。

 ただ、木下は藤本の言動に対して納得ができない様子。「いちいち説明しなくても分かるじゃんってこと、たまにあるじゃないですか」と切り出すと、「ある日寝室に行って、ちょっと角度変えてっていったんですよ。そしたら子供の角度を変え始めたんですね。いや、エアコンの(風向きの)角度なんだけどさ、いや(説明しなくても)分かるかなって…」と藤本へのたまったうっ憤がさく裂。意思の疎通がうまくいかないことに、イライラが止まらないようだった。

 「(1度始まると)8時間とかケンカしてますよ」と語る木下。長谷川が仲直りのタイミングを聞くと「仲直りは…眠くなって、朝が来て『はあ、もうどっちかじゃない?このまま一緒にいるか別れるかのどっちかじゃない?って』」と、あろうことか話は別れ話の方向へ進んでいることを告白した。

 長谷川はそれを聞いて「本気じゃないんでしょ?」と苦笑い。木下は「(藤本から)離婚届持ってこられたの5回くらいありますよ」との衝撃の事実を語ると、さすがに長谷川も「マジですか?」と驚きを隠せなかった。

 木下も頭に血が上っているため、書類に名前を書いたことがあるという。すると「書いた(渡した)瞬間破られたんですよ。意味が分かんなくて」と不満をぶちまける木下。長谷川は「『(木下に)ごめんね』って言って欲しかったのかな」と藤本の気持ちを代弁するも、木下は「(謝罪するのは)負けた気がして嫌なんです」と一蹴。長谷川は「そういうところはヤンキー気質よね」とすかさずツッコんでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年6月12日のニュース