ラグビーW杯まであと100日 東京・丸の内にカウントダウンクロック

[ 2019年6月12日 12:17 ]

<ラグビーW杯開幕100日前イベント>壇上で笑顔を見せる(左から)畠山健介、舘ひろし、櫻井翔、五郎丸歩(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ラグビーW杯2019日本大会の組織委員会は、大会開幕まであと100日となった12日、東京・丸の内ビルディング1階でカウントダウンクロックを初披露した。

 組織委の御手洗冨士夫会長は、「日本流のおもてなしで日本の良さを知ってもらい、来年のオリンピック、パラリンピックの成功につないでいけたら」とあいさつ。クロックの除幕式にはワールドラグビーCEOのブレット・ゴスパー氏も立ち会った。

 大会PRキャプテンを務める俳優の舘ひろし(69)は、嵐の櫻井翔(37)らとトークショーを開いた。櫻井は「いよいよという感じですね。盛り上げていきたいし、盛り上がるといいですね」と話した。

 大会は9月20日に東京スタジアムでの日本-ロシア戦で開幕。11月2日に横浜で決勝を行う。

 

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年6月12日のニュース