元カリスマギャルママ支店名読めずATMで“立ち往生” 日菜あこ「後ろの人の目線が辛かった」

[ 2019年5月16日 13:57 ]

日菜あこ
Photo By スポニチ

 元カリスマギャルママモデルの日菜あこ(34)が16日、自身のブログで地名の「芹が谷」が読めずに銀行のATMで“立ち往生”したことを明かした。

 3児のシングルマザーの日菜は、「学校の振込みで漢字が読めず『ピンチ』ピンチ」のタイトルでブログを更新。6月に娘の小学校で宿泊体験があるため、旅行代を振り込みに銀行へ出かけた。ATMを操作していると、「振込先の支店名の始めの一文字を選択してください」の案内に困惑。学校から指示された振込先の金融機関の「芹が谷(せりがや)支店」を読めずに、始めの一文字が押せない窮地に立った。

 困ったあげく、とった行動は「あ」から五十音順に押して探してみること。「せ」でやっと発見したものの、14回も選択・キャンセルを繰り返してしまったことを明かした。

 さすがに「後ろに並んでる人達の『早くしろよ』」の目線が辛かった」といい、「後ろの皆さま すいませんでした」と謝罪した。

 神奈川県在住の日菜は雑誌「I LOVE mama」などで専属モデルを務めたり、2018年に終了した日本テレビ系「PON!」でコーナーを担当したことがある。「芹が谷」は横浜市内の地名とみられる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月16日のニュース