窪田正孝 カンヌ招待の主演作は「日本版アベンジャーズです」

[ 2019年5月16日 05:00 ]

「初恋」でカンヌ映画祭に招待された(左から)三池崇史監督、窪田正孝、小西桜子
Photo By 提供写真

 最新作「初恋」が第72回カンヌ国際映画祭の「監督週間」に招待された三池崇史監督(58)と主演の窪田正孝(30)、ヒロインの小西桜子(21)が15日、市内で会見を開いた。負けるはずのない相手にKO負けを喫したプロボクサーが人生の歯車を狂わせていく内容。

 初めてカンヌを訪れた窪田は「映画の聖地に連れてきていただいて感無量。『初恋』は日本版アベンジャーズだと思っています」と話し、小西も「今ここにいることが本当に夢みたいです」と興奮気味に語った。

 会見では大森南朋、染谷将太、ベッキーら共演陣の名前も発表された。17日に公式上映される。日本公開は2020年。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月16日のニュース