福山雅治主演「集団左遷」東京駅の巨大ポスターが“令和版”に異例の変更 早朝から張り替え作業

[ 2019年5月1日 16:00 ]

“令和バージョン”に変更された日曜劇場「集団左遷!!」(日曜後9・00)の巨大ポスター(C)TBS
Photo By 提供写真

 歌手で俳優の福山雅治(50)が主演を務めるTBS日曜劇場「集団左遷!!」(日曜後9・00)のJR東京駅に掲出されているポスターが「令和」に改元された1日、“令和バージョン”に変更になった。屋外広告のデザインが掲出期間中に変更されるのは異例。

 “平成最後にして令和最初”の同局看板枠とあり、「平成最後の、そして令和最初の下克上!」というキャッチフレーズの下、4月21日にスタート。新時代を迎えたこの日、ポスターのデザインが「いざ、平成最後の下剋上だ。」から「いざ、令和最初の下克上だ。」にバージョンアップした。

 大型ポスター(B0サイズ)を5枚連ねた巨大ポスター。ゴールデンウイークで東京駅が大混雑する前の早朝から張り替え作業が行われ、新時代の幕開けと同時に人々の目に触れる演出として計画されていた。5日まで掲出される。

 作家・江波戸哲夫氏の「新装版 銀行支店長」「集団左遷」(講談社文庫)を原作に、50歳を目前にして廃店が決まっている三友銀行・蒲田支店の支店長となった片岡洋(福山)とリストラ寸前の銀行員たちが協力し、巨大組織の理不尽さに立ち向かい、下剋上に挑む姿をユーモラスにエネルギッシュに描く。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年5月1日のニュース