引退の可能性も…「純烈」の友井雄亮が脱退 事実と異なる「解決済み」ブログ削除

[ 2019年1月11日 04:00 ]

「純烈」の友井雄亮
Photo By スポニチ

 複数の女性と暴力や金銭問題、不倫交際を巡りトラブルになっていると報じられた男性5人組歌謡グループ「純烈」の友井雄亮(38)が、グループから脱退することが10日、分かった。

 純烈はこの日、東京・青海の温泉施設「大江戸温泉物語」で番組収録を行ったが、友井の姿はなかった。報道を受け、事務所関係者らが協議した結果、友井の活動継続は難しいと判断。問題が長引けば、ほかの4人の活動にも影響を及ぼすことから、グループ脱退という結論に至った。

 週刊誌報道によると、友井は過去に交際していたAさんに度々暴力を振るっていた。Aさんが妊娠し、流産したこともあったという。また、その後交際したBさんの貯金約3000万円を使い込み、別の既婚女性Cさんとの不倫交際疑惑もある。

 スーパー銭湯を中心に活動し、主婦、中高年女性がファン層の中心となるグループにとって致命的なスキャンダル。さらに所属事務所はこの日未明、友井が前日9日に謝罪したブログを削除。「解決済みであるとする事実と異なる部分がございました」と理由を説明した。週刊誌報道について被害女性が情報提供者ではなく「第三者によるものと確認できております」ともした。テレビ東京の医療番組「主治医が見つかる診療所」で1〜3月に予定されたヒット曲「プロポーズ」のエンディングテーマ起用も中止になった。

 友井はきょう11日に会見を開く。ほかのメンバーは参加せず、1人で会見しグループ脱退を発表。今後の芸能人としての身の処し方も明らかにする。問題の深刻さを考えると、芸能界での活動自体が難しく、引退する可能性もありそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2019年1月11日のニュース