「純烈」友井雄亮、女性へのDVは「殴ったり蹴ったり」「弱い自分が出てしまった」

[ 2019年1月11日 18:01 ]

涙ながらに芸能界引退を発表した「純烈」の友井雄亮
Photo By スポニチ

 複数の女性と暴力や金銭問題、不倫交際を巡りトラブルになっていると報じられた男性5人組歌謡グループ「純烈」の友井雄亮(38)が11日、都内で会見を行った。会見では「傷つけてしまった女性の方々に深くお詫び申し上げます」と謝罪し、報道を事実と認めてグループから脱退し引退することを発表した。

 DVについて「自分の中の、弱い自分が出てしまった」と認め「殴ったり蹴ったり、相手を思いやるようなことができないことを…」と語った。

 女性に手を挙げてしまった場面について「過去のことなので、具体的に申し上げることはできないのですが、多分別れ話とか。自分の浮気のことも逆ギレしてしまった…手を挙げてしまったことは事実です。物を使って暴力を振るったことはないです」と明かした。

 今後も女性と付き合ったら手を挙げてしまうかと聞かれると「頑張って、もう一人の弱い自分に勝っていきたいと思う。同じ過ちをおかしたくないです」と答えた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2019年1月11日のニュース