加藤浩次 NGT山口真帆の暴行騒動で運営対応に「これで終わりってわけにはいかないと思う」

[ 2019年1月11日 12:50 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(49)が11日、MCを務める日本テレビ「スッキリ」(月〜金曜前8・00)の生放送に出演。新潟県を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の山口真帆(23)がファンの男2人から暴行被害を受けた事件をめぐる運営サイドの対応などについて私見を語った。

 加藤は「実際の真実っていうのは僕もわかりませんけど、推測するに、運営側はもしそれが明るみに出てしまうと、NGTの活動っていうのがしづらくなってしまう、だからそれを内々にした方がいいんじゃないか、ということもうかがえる」と運営サイドの意図を推測。公演の帰宅時間を教えたメンバーがいることを運営が認めたことには「山口さんが謝罪して、なんでこのメンバーは何にもないの?って思うのは、僕は普通だと思うんだけど」と疑問を呈した。

 そして「(運営が)今回対策を出したのが、防犯ベル、そして巡回するという。え、そこ?って僕は思っちゃう。こういったメンバーが中にいたら、そんなもん持たせても関係なくなるじゃん。やんなきゃいけないのは、こういったメンバーがいなくなることでしょ」と運営のとった対策に苦言。また「山口さん自身がNGTグループってのを守りたいって気持ちもあるし、それが公になるとこのグループばらばらになっちゃうんじゃないか、なくなってしまうんじゃないか、じゃあ私が黙ってればいいのかな、でも黙っているわけにはいかない、メンバーでそんなことを言った人がいるんだから。という思いってことだよね」と山口の気持ちを推しはかり、「これで終わりってわけには、運営側もいかないと思いますね」と、問題解決への道は遠いと指摘した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2019年1月11日のニュース