「イッテQ!」BPO審議入り やらせ疑惑で

[ 2019年1月11日 21:06 ]

日本テレビ社屋
Photo By スポニチ

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は11日、やらせ疑惑が報じられた日本テレビのバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)について、審議入りすることを決めた。

 昨年11月、「週刊文春」が、同番組で放送されたラオスの「橋祭り」、タイの「カリフラワー祭り」が実在しないと指摘。橋祭りは全長25メートルの細い板を自転車で渡る競技で、同局は当初、セットの設置や企画提案などを否定していた。その後、タイの問題が浮上するとやらせ疑惑は否定しつつ、「番組側の意向でコーディネート会社が主催者に提案した」と一部を認めて謝罪した。同局の大久保好男社長は11月の会見で謝罪し、「放送責任は全て日本テレビが負う」とした。

 同企画は、お笑い芸人・宮川大輔(46)が世界の祭りに参加するコーナーで放送されたもので、現在、企画は休止中。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2019年1月11日のニュース