杉咲花、食いしん坊発揮で現場が“お菓子の国に”!?「私が寄せ集めているんです」

[ 2019年1月11日 13:31 ]

ドラマ「ハケン占い師アタル」の制作発表会見に出席した(前列左から)板谷由夏、小澤征悦、杉咲花、及川光博、若村麻由美、(後列左から)野波麻帆、志尊淳、間宮祥太朗、志田未来
Photo By スポニチ

 女優の杉咲花(21)が11日、東京・六本木のテレビ朝日で行われた17日スタートの主演ドラマ「ハケン占い師アタル」(木曜後9・00)製作発表記者会見に出席した。

 目を合わせた相手の隠された内面や原風景が視える特殊能力を持った主人公・的場中(まとば・あたる)が、イベント会社に派遣され、そこで働く人々の悩みを解決していく「仕事ドラマ」。杉咲はテレ朝の連ドラ初主演を務める。

 杉咲は「とにかくキャスト、スタッフさんが愛情深い方ばかり。温かい現場です」と紹介。悩める働き人を描くとあって「仕事へのモチベーションの上げ方」を聞かれると「ごほうびの時間を作ること。きょうは何を食べようか、メイクをしてもらっている時から考えている」と笑顔で回答。共演の志田未来(25)は「ドラマの撮影中、一緒に海鮮丼を食べに行く約束をしているので、それが楽しみ」とほほ笑むと、間宮祥太朗(25)は「朝から2人でもう昼の話をしているんですよ」と明かした。さらに小澤征悦(44)が「花ちゃんの周りに自然とお菓子が寄ってくる。気が付くとお菓子の国ができている。そのへんのお菓子も花ちゃんのこと好きなんだなって。すごいハートウォーミングになります」とほっこりエピソードを披露。杉咲は「寄ってくるとうか、私がお菓子を寄せ集めているんです。食いしん坊なので…」と赤面していた。

 会見にはそのほか志尊淳(23)、野波麻帆(38)、板谷由夏(43)、若村麻由美(52)、及川光博(49)も登壇。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2019年1月11日のニュース