“二刀流”YOSHIKI「100点+100点で200点」 史上初めて紅・白組同時出場

[ 2019年1月1日 08:20 ]

第69回NHK紅白歌合戦 ( 2018年12月31日    NHKホール )

<紅白歌合戦>HYDE(左)の横でドラムを叩くYOSHIKI(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 X JAPANのYOSHIKI(年齢非公表)は史上初めて紅、白組に同時出場。まずは白いロングコート姿で、L’Arc〜en〜CielのHYDE(年齢非公表)とともに登場。躍動感あふれるドラミングで「Red Swan」を披露した。

 演奏を終えると、次は赤いロングコートを羽織って紅組に“チェンジ”。グランドピアノの後ろからせり上がってきたサラ・ブライトマン(58)の美声をピアノで彩り「Miracle」を披露。ピースサインで締めくくった。ステージ後、取材陣に「白紅両方に出て、早替わりで息切れしてます」と感想。どちらの自分が勝ったかを聞かれ「自分では勝敗を付けられない。点数?100点+100点で200点です」と自賛した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年1月1日のニュース