初出場DAOKOが大泣き 米津玄師作詞作曲の「打上花火」歌唱

[ 2019年1月1日 08:37 ]

第69回NHK紅白歌合戦 ( 2018年12月31日    NHKホール )

<紅白歌合戦>熱唱するDAOKO(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 初出場のDAOKO(21)は米津玄師作詞作曲の「打上花火」を歌った。

 ミュージックビデオの再生回数が2億回を突破しているヒット曲で「たくさんの人に愛されているこの曲を大切に歌いたい」と抱負。紫を基調とした和装でミステリアスな雰囲気を漂わせ、歌声を響かせた。歌唱後はうれしさからか大泣きした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年1月1日のニュース