北島三郎、圧巻の「まつり」熱唱!5年ぶり紅白舞台で“因縁”紙吹雪が大量に舞う

[ 2019年1月1日 08:52 ]

第69回NHK紅白歌合戦 ( 2018年12月31日    NHKホール )

<紅白歌合戦>熱唱する北島三郎(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 2013年を最後に紅白から一線を引いていた北島三郎が特別出演した。5年ぶりに紅白に戻ってきた。

 関係者によると、この日は東京・八王子市の自宅で格闘技などを観戦したあと、午後7時半ごろ会場入り。落ち着いた様子で本番に臨んだ。出番前に流された櫻井との対談で「(過去の紅白で)ずいぶん泣かされた。肌にベッタベタくっついちゃって」と話した紙吹雪がこの日も大量に舞う中で「まつり」を熱唱。桑田ら出演者も多数登場し盛り上げた。歌い上げたあと高ぶった様子で「出演者の皆さん、テレビをご覧の皆さん、ありがとうございました!」と絶叫した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年1月1日のニュース