空手女子・武田梨奈が身毒丸・矢野聖人と熱愛 共演映画でクジラ飼育員役 カナヅチ同士でスイスイ

[ 2019年1月1日 06:50 ]

真剣交際していることが明らかになった矢野聖人(左)と武田梨奈
Photo By スポニチ

 「空手女子」として知られる女優の武田梨奈(27)が、俳優の矢野聖人(27)と真剣交際していることが31日、分かった。2017年にクジラの飼育員を描いた映画の撮影で出会い、約1年前から交際。同学年、美男美女の2人が育む“クジラ愛”の今後から目が離せない。

 2人の出会いの場になった映画は「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」(昨年11月全国公開)。実在する「くじらの博物館」で働く飼育員の姿を描いた作品で、主演が矢野、ヒロインが武田。撮影や共演者との食事会を通して距離を縮め、17年秋の撮影終了後に交際へと発展した。

 クジラの飼育員を演じた2人だが、実はともに“カナヅチ”。映画関係者は「互いに泳げないという不安を抱えていたので、良き理解者として意気投合した」と説明。クランクイン前には合宿で泳ぎを特訓しており、「励まし合ううちに男女として意識するようになったようです」と話した。

 アクション女優として活躍する武田は、空手一家に育ち、黒帯の持ち主。14年にセゾンカードのCMで“頭突き瓦割り”を披露し、知名度を広げた。また、主演ドラマ「ワカコ酒」では、ほろ酔いOLをキュートに演じており、中高年の男性ファンも多い。自身もお酒が好きで「矢野くんと2人で楽しくお酒を飲んでいるそうです」(関係者)という。

 矢野は高校卒業後の2010年、舞台「身毒丸」の主演俳優オーディションで演出家の故蜷川幸雄氏に見いだされた。ドラマや映画で幅広く活躍中で、「クジラ…」が初主演映画だった。記念すべき作品で武田と運命の出会いを果たした。

 友人は「互いに真面目な性格なので、周囲は安心して見守っています」と話している。

 ◆武田 梨奈(たけだ・りな)1991年(平3)6月15日生まれ、神奈川県出身の27歳。映画「ハイキック・ガール!」(09年)のオーディションで主演に抜てきされて女優デビュー。15年にテレビ東京「ワカコ酒」で連続ドラマ初挑戦。身長1メートル57。血液型AB。

 ◆矢野 聖人(やの・まさと)1991年(平3)12月16日生まれ、東京都出身の27歳。2010年に「ホリプロ50周年事業 身毒丸オーディション」でグランプリ。同年フジテレビ「GOLD」で俳優デビュー。12年の同局「リーガル・ハイ」など多数出演。身長1メートル74。血液型B。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年1月1日のニュース