内村感激!サザン桑田に「会いたかったー!」華やかオープニング

[ 2019年1月1日 05:30 ]

<紅白歌合戦>司会の広瀬すず(左)と内村光良(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 「第69回NHK紅白歌合戦」が31日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。特別枠で5年ぶりに復帰した北島三郎(82)、35年ぶりに同ホールから出場のサザンオールスターズらベテラン勢から、King&Princeや乃木坂46ら若手が競演。平成最後の紅白を盛り上げた。対戦は白組が勝ち、対戦成績を38勝31敗とした。

 総合司会は内村光良(54)、白組司会は嵐の櫻井翔(36)、紅組司会は広瀬すず(20)が担当。出演者が並んだオープニングで、内村がサザンオールスターズ桑田佳祐(62)に「35年ぶり、会いたかったー!」と呼びかけ、桑田が「よろしくお願いします」と頭を下げる場面も。初司会の広瀬は「欅坂46」の歌唱時にコメントの途中で曲が始まり、歌い終えた後に「『乃木坂46』のみなさん、ありがとうございました」と姉妹グループと言い間違えるミスがあった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーさん死去」特集記事

2019年1月1日のニュース