48歳・岡村隆史が20代リアル峰不二子と真剣交際 「アローン会」部長も関西で“新居”探し

[ 2019年1月1日 05:30 ]

<紅白歌合戦>チコちゃんと共演した岡村隆史(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 “独身界の大物”ナインティナイン岡村隆史(48)が一般女性と真剣交際していることが31日、分かった。人気漫画「ルパン三世」に登場するキャラクター峰不二子ばりのグラマラスな女性という。岡村は現在、関西方面で“新居”を探すなど結婚を意識した準備も着々。干支(えと)にふさわしく猪突猛進で2019年にゴールインする可能性も出てきた。

 スポニチ本紙の取材によると、相手は関西在住の20代の一般女性でダイナマイトボディーの持ち主。関係者は「岡村さんに本命の彼女がいると聞いてます。好みは身長が高く、派手な顔立ちでスタイルの良い人。ビジュアル的にもぴったりだと思います」と太鼓判。リアル不二子ちゃんに巨乳ハンターの岡村がハートを撃ち抜かれた形だ。

 今田耕司(52)やチュートリアル徳井義実(43)らが参加する吉本の独身貴族を集めた地下組織「アローン会」の部長を務める岡村。日頃から“モテないキャラ”を公言しているが、実は仲の良い女友達も多い。2人で食事に出かけたり、番組スタッフと一緒に旅行にいったりすることもある。昨年秋、女性週刊誌に音楽フェスに一緒に行ったグラマラスな女性との2ショット写真を撮られているが、これも友人の一人。知人は「あれは北新地で働いているホステスさん。本命の交際している方とは違います」と説明している。

 岡村の“本気の証”が地元・大阪で進めている結婚に向けての新居探しだ。これまで不動産など高額な買い物をする際は親に相談しており「今回も住む場所はどこがいいか話し合っているようです。これまで株や投資などで派手にお金を使うこともなくきましたから、ここ一番で大きな買い物をするんじゃないですか」(関係者)という。

 これまで女性との交際に関して周囲に相談することもなく、とくに不二子ちゃんとはデートの目撃情報は一切ない。大阪で行動を共にするのもNSC同期生のお笑いコンビ「へびいちご」高橋智(48)と地元の友人くらい。「彼女に会ったことのある芸人はほとんどいないと思います」(関係者)というほどベールに包まれている。

 この日のNHK紅白歌合戦では人気キャラのチコちゃんと登場して会場を沸かせた。「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と突っ込まれて終わった18年。以前から周囲に、20年東京五輪までに「どさくさに紛れて結婚する」と宣言している通り、何とかゴールインにこぎ着けてほしいものだ。

 ≪チコちゃんと紅白ステージ登場≫人気番組「チコちゃんに叱られる!」のキャラクター・チコちゃんと岡村が紅白のステージに登場した。チコちゃんは白組司会の櫻井に「なぜ紅白歌合戦は『紅白』なの?」と問題。「紅白でめでたいから」と答える櫻井に激高し、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と決めゼリフで叱りつけた。正解は「初代ディレクターが剣道部だった」からで審判が赤・白の旗で勝者を指し示す剣道に由来。櫻井は「知らなかった」と目を丸くしていた。

 ◆岡村 隆史(おかむら・たかし)1970年(昭45)7月3日生まれ、大阪府出身の48歳。90年に大阪・茨木西高の後輩だった矢部浩之(47)と「ナインティナイン」結成。ボケ担当。91年、吉本印天然素材メンバーとして東京進出。96年にフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」が放送開始。18年に終了するまで約21年半続いた。特技はダンス。1メートル56。血液型B。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年1月1日のニュース